初めて読んだ漫画!「セーラームーン」は今の30代金にとってバイブルチックサイド

こちらが幼稚園から小学校に出る頃、世の婦人たちに「セーラームーン」話題到達!こちらが人間生で初めて読んだアニメも「セーラームーン」でした。完全に影響を受けてしまった…と思えるところは、やはり「張り合う女の人の美しさ、頼もしさ」でしょうか。セーラー戦士たちは一同婦人。その婦人たちが、自分の結果、大事な人間や支援人間の結果、規則の結果、悪者に立ち向かっていきます。「著しい女の人って渋い!」とセーラームーンを読んで感じたのは、私だけではないのではないでしょうか。重要なメンズキャラですタキシード見せかけも、助太刀にきて得ることもあるものの、実は敵のアジトに連れて壊れたり、記憶をなくされてしまったり、ちょっと心配部分も。それを支えるのがセーラー戦士だったのですから、「女の人の方が著しい!ありがたい」「メンズの人間に頼らず、自分で自分の私は守らないと」と幼心に少し思った部分も。実際、セーラームーンが20周年復古目論みで再度取り上げられ、セーラームーンクラスのアラサー女性の方達についての論評書物や、セーラームーンを見て育ったクラスの女の人は激しい女の人に目標がいる、なんて記事を読んでうなづけることも。社会でバリバリ元気にはたらくアラサー女性の方達が多いのも、ちょっと納得です。
スレンダーマッチョプラス|一番安く買えるのは?驚きの効果を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です